MENU

代表挨拶

「やさしい」 「ぬくもり」


弊社理念にある、大切な言葉です。 親子、友人、仕事仲間、お客様、あらゆる人と人の関わりにおいて 絆と安心を生む源となるものではないでしょうか。


医療・福祉に従事される方々は、深い思いやりのもと、時には厳しく、 そのやさしさとぬくもりをお伝えになる方々であり、敬愛する弊社の 大切なお客様です。日頃のご愛顧に、心から御礼申し上げます。


弊社は、会長大城英夫による創業から、みなさまのご支援をいただき、 2027年に半世紀を迎えます。デジタルトランスフォーメーション(DX) の大きな波は、日本の文化である伝統的医療にも、「電子化」という 形で変革をもたらそうとしています。


これらの変革をご支援する、「やさしい」「ぬくもり」とは何か、改めて 社員一同考え抜き、真摯にみなさまと共に変革してまいります。 変わらぬご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
2023年10月2日


代表取締役社長 髙橋 貢

独自の経営支援システムの開発で
経営者との深い信頼関係を積み上げる

私たちが接骨院の経営支援システムを業界に先駆けて開発したのは1984年(昭和59年)。当時、接骨院では月初めには3日から4日徹夜をして保険請求を処理するという現状でした。その作業を効率化できれば、煩雑な保険請求から解放され、本来の施術に専念できるのではないか。こうして経営支援システムは生まれ、コンピュータの技術の向上に伴い、現在では機能も格段に向上しています。

以来、2年に1回の料金改正、請求様式の変更や各団体の様々なご要望にもリアルタイムに対応してきており、長期に渡るこの活動を通じて、多くの先生方との信頼関係は強固なものになっています。

今、何が求められ、何が必要とされているか
接骨院様の幅広いニーズにお応えする

現在、業界では専門学校の急激な増加に伴う施術所数の増加により、同業者間の競争もますます激化し、経営を圧迫してきています。今後の経営は、他院との明確な差別化を図り、積極的に情報発信するなどの改善が求められています。

私たちは、経営環境の変化に即応した1軒1軒の接骨院様のご要望に耳を傾け、お役に立てる存在でありたいと考えています。簡単操作で、便利な機能搭載の保険請求システムのご提供は勿論のこと、経営管理、集客、患者管理までの幅広い分野で、接骨院様の運営支援を強力にサポートしています。

保険請求の長年の経験に基づいた
豊富な機能と的確なサポートで支援を

接骨院様の月々の保険請求業務がスムーズに処理されるように、システムの操作性、レスポンス、高機能が重要であることは言うに及ばず、ストレスなくスムーズに運用されるために、様々な工夫と努力を積み重ねています。

どんな遠方の方でもフリーダイヤルをご利用頂きお問合せ頂けます。また必要に応じてオンラインサポートで対応するなど、タイムリーにご要望にお応えする体制を整備してきています。

厳しい競争時代をともに生き抜く
ビジネスパートナーとして

接骨院システムの販売によって、営業利益を確保することが最終的な目標ではありません。支援システムの提供を通してできた接骨院様との関係性をより深め、接骨院様の社会的役割と使命の遂行を側面からご支援させて頂くことです。

接骨院を必要とする多くの潜在顧客に接骨院の魅力をどうアピールするか、また、ホームページでどのように訴えるか、患者さんへの接客サービス向上を図り、どのようにリピートに繋げるか、どのようにして口コミを増加させるかなど接骨院には様々な課題があります。私たちは、接骨院様と、大競争時代を生き抜くビジネスパートナーでありたいと思っています。

ページトップへ

お問い合わせ・資料請求